図書館資料へのICタグ貼付作業について

2021.06.27

7月よりICタグ貼付作業を実施します

焼津市立図書館では、感染症対策や利用者サービスの向上を目的に、自動貸出機などを含めた図書館システムを更新し、11月より運用を開始する予定です。
これらの機器の運用にあたり、資料に「ICタグ」というICチップが埋め込まれたタグを貼付する必要があります。
7月から9月まで焼津図書館、大井川図書館、公民館図書室の全資料にICタグを貼付する作業を行います。
作業期間中は利用者のみなさまにご迷惑をおかけしますが、ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

作業期間

焼津図書館:令和3年7月1日~9月30日

大井川図書館:令和3年7月6日~9月30日

公民館図書室:令和3年7月8日~9月30日(順次)

※新型コロナウイルス感染症の感染状況により予定が変更となる場合があります。
※作業期間中も図書館及び公民館図書室は通常通り開館しています。

ICタグ貼付作業について

  • 書架から作業スペースへ資料を移動する際、音が出る可能性があります。
  • 作業中の資料は閲覧、貸出ができません。(30分程度)
  • 予約資料のお届けが1日程度遅れる場合があります。
  • 新刊や雑誌の貸出開始が遅れることがあります。
  • 作業のため、雑誌の最新号が閲覧できるようになるまでに、通常よりもお時間をいただきます。

みなさまへお願い

  • 作業のため、返却資料をカウンターでお預かりすることがあります。貸出期間の延長をご希望の場合は、必ずご返却前にお手続きをお願いいたします。
  • 全資料にICタグを貼付します。館外に持ち出される資料は必ずカウンターで貸し出し処理をしていただきますよう、お願いいたします。