秋の読書週間

2021.10.01

2021・第75回読書週間(10月27日~11月9日)
10月27日(水)~11月9日(火)は読書週間です。第75回目を迎える今回のテーマは、「最後の頁を閉じた 違う私がいた」です。
この期間、図書館では読書が好きになるイベントを開催します。
また、特集コーナーでは読書週間におすすめの本を展示します。ぜひ図書館に足を運んでください。
※10月25日(月)から11月1日(月)は蔵書点検のため、焼津・大井川図書館および公民館図書室は休館となります。

〈開催イベント〉
①秋のおはなしフェスタ(焼津図書館):11月13日(土)・14日(日)
 詳しくはこちら
②おたのしみ袋の貸出(焼津図書館):11月13日(土)・14日(日)
 幼児から高校生を対象に、図書館員が選んだ本を貸出します。40袋限定。 (無くなり次第終了)
③親子ニコニコやいづっこべや(大井川図書館):10月2日(土)~10月24日(日)
 乳幼児から小学校低学年くらいまでのお子様とその保護者を対象に展示室をキッズルームとして開放します。おすすめ本の展示もあります。


④こどもまつり「ふわふわ!うかして・とばしてみよう」(大井川図書館):11月20日(土)
 幼児~小学校低学年を対象に実施。風船や紙をいろんな形にして浮かべたりとばしたりします。

【読書週間とは】
 終戦の2年後の1947(昭和22)年、まだ戦争の傷あとが日本中のあちこちに残っているとき、「読書の力によって、平和な文化国家を創ろう」と、出版社・取次会社・書店と図書館が力を合わせ、そして新聞や放送のマスコミも一緒になり、第1回「読書週間」が開かれました。
 それから70年以上が過ぎ、「読書週間」は日本中に広がり、日本は世界の中でも特に「本を読む国民」の国となりました。
 今年の「読書週間」が、みなさん一人ひとりに読書のすばらしさを知ってもらうきっかけになることを願っています。